ここは、佐久・小諸・軽井沢限定で、いい家をよりローコストで手に入れるため頑張っている人のためのページです。
  2.5倍収納の「寒くない家」,
  
17%ローコストです!




  
安くていい家は作りますが、「ただ単に安い家」は作りません。
デザイナーズハウスを、高性能住宅を、呼吸する木の家を、ローコストで・・・
フォワードハウジング
   営業 月〜土
 AM9:30〜PM6:30 
〒385-0011 長野県小諸市和田760-1
筺090-2160-9092 
fax:050-3454-6269

fwd@gamma.ocn.ne.jp
特徴   会社はどこ?  施工例   土地探し  メール   最新情報取得  地図
「ぷらざ」のこの広告を
ご覧の方は
→クリック
    
子育て世代を 「本体坪単価40万円以下の家」 と、小中学校通学区別の土地情報でバックアップします!
え!? こんなわがままが許されていいんでしょうか?。
こういうお客様の家だけを
気がふれたのか、とか
わがまま過ぎるといわれても
つくり続ける!
 
    Iターンなどで
    軽井沢方面に土地・家を
    お探しの皆さん!
    力になれると思います。
    お声をかけてください!
普通じゃない?圧倒的な「普通の家」をローコスト
代表者 市川徳男
 コストを抑えた家づくりをお約束いたします。
 住宅保証加盟の10年保証住宅が「標準」です。
 そして
土地探しもとことんご協力いたします。


〜空間デザインハウス 省エネ機能住宅 圧倒断熱・耐震住宅〜
最多価格帯 43~47万円/坪
自由設計のローコスト
●新・高性能住宅
「夢」全部!空間住宅
●デザインはうAGED
こだわり生活を?
●北米スタイルの家


・・・と、叫んでいるのに、
なかなか信じてもらえません。
世の中ヘンです。


小さな地もとの建築会社だからこそ、
自由設計の家が、他社より17%も節約して
手に入れられるんです。.....もっと見る
(だからといって、私が損をして・・というわけではありません。)






  ≪お問合わせのしかた≫
1、突然ですけど、いまから相談に伺ってもいいですか?
2、「○○ハウス」よりローコストで出来ますか?
3、小さい子を連れて行ってかまいませんか?
4、まったく家の知識が無いのですが、話を聞きにうかがうだけでもいいでしょうか?
5、他の工務店にも見積ってもらってるのですが、お宅の会社が気になっていて話だけでも聞きたいのですが?
6、家が欲しいのですが、何から手をつけたらいいかもわからないんですが・・・
7、近くまで来てるんですけど、場所がよくわからないんですけど。


・・・・・・・・などなど、いろんなお電話をいただいています。どんな内容のお電話でも、ちゃんと誠意をもった対応だけはしなければ、と心に決めています。お問い合わせはメールでも電話でもどちらでも構いません。

  *電話はなるべく営業日の時間内(カレンダーどおりのAM10:00からPM6:30)が助かります。出れない時もありますが、そういうときはメールを入れておいて下さい。必ず私が24時間以内には返信・連絡させていただきます。
 
  直通メール fwd@gamma.ocn.ne.jp
家づくりご相談は 詳しくは
あなたのモヤモヤ解消者直通!(代表市川)
090-2160-9092
  
--------------------------------------------------------------


今年家を買う計画のあなた!
100冊読むよりこの一冊。
「いい家を安く買うコツ」がわかる本さしあげます。


  
バカの家とりこうの家
      

今、とりあえず無料です。

 (プレゼント予定部数が終了した場合はお許し下さい。)
  その後は1000円になります。 残りわずかです。
著者/市川徳男

■家作りの不安が58ページ(A5版)・90分の読書後には解消されます。住宅関連の人が親戚や友人にいなくても、これで安心できます。


 無料 ガイドブックお申込み

メールで、「ガイドブック」希望と書いて、送付先(/郵便番号/住所/氏名/TEL)を明記して送信してください。
ほかに質問があればどんなことでもかまいません。
100%満足行くかどうかわわかりませんが、「ちゃんと誠意をもった対応だけはさせてもらおう・・・」、と心に決めています。必ず私が24時間以内には返信・連絡させていただきます。 どしどしお問合わせください。


----------------------------------------------------------------

(以下、グチ)

いや〜、家の価格が高くなりました。

 3.11と「フクシマ」以降,家の価格は高くなったと感じているのは建築業界の私たちばかりではないようです。坪単価75万円のハウスメーカーなんて今は「普通」です。私たちはこれを「●●●●価格」と呼んでいます。そしてこれに輪をかけているのが「東京五輪」です。

なぜだと思いますか?
 全国展開している大手ハウスメーカーは、あと15年は「東北」だけで、全国の他の地域での契約が無くても充分経営していけるのだそうです。そして、現地での住宅価格は3.11以前より25%くらい高くても引く手あまたです。「とにかく家が欲しい」のです。国から住宅購入に「補助金」が出ます。でも、その補助金は私たちの税金です。まさに全国ネットのハウスメーカーは「殿様商売」です。ただ、「東北」だけで経営が成り立つ大手ハウスメーカーは、全国で3.11以前の2倍の受注をしても、材料仕入れがしんどくなって工事が手間取る事がわかっているので、他の地域の受注活動はあまり積極的ではありません。なぜかというと、住宅に使われる建材の生産量には限界がある事を熟知しているからです。
なので、「東北」以外の地方でも「東北価格」でよろしければ・・・・とうスタンスになっているそうです。
そして、職人さんは、人件費に糸目をつけない「東北」に行ってしまいます。いわゆる「
●●●●価格」はそりゃあ魅了的です。一度その味をしってしまった職人さんは自分の地元の仕事の話があってもこんどはその価格を要求しはじめます。まったく困ったものです。
 
 これらの価格アップに拍車をかけているのが、「東京五輪」の建設ラッシュでの職人・工人の一極集中です。「東北・東京五輪」のダブルでの価格アップが住宅価格を押し上げているのです。
東北や東京に販売網なんかありっこない普通の工務店は、こんな理由での住宅価格の上昇にただ目を丸くしているのが実情です。        
     
 住宅価格が上がっている原因はそりゃ当然ほかにもいろいろあるでしょうが・・・なんとかせにゃ